記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「Love there展」のご案内

東日本大震災からちょうど1年となる2012年3月11日

この日、非営利団体Clefは

東日本大震災支援へのアクションとして企画展を開催します

「Love there展」

今回のテーマはLove there

皆さんの周りにあるそこにある愛を展示させてください


愛を感じるものであればなんでもオッケーです

好きなモノ、好きな風景、好きな食べ物

恋人、子供、家族、ペットなどなど・・

表現方法は様々

写真、イラスト、絵画等・・(動画は応相談)

皆さんの愛を集めて東日本へ届けましょう


2012年1月5日現在。

会場及び日程が決まりましたっ!


お陰さまで、当初よりグレードアップした展示会になりそうです(^^)

正式発表は近日中・・1月中には発表させて頂きます


「Love there展」参加費は一口¥2000〜

このイベントの参加費及び売り上げの一部は

あしなが育英会を通じて東日本大震災津波遺児へ寄付致します

-------------------

現在、あしなが育英会では津波遺児支援活動を精力的に行っています

その中の活動のひとつが「特別一時金」給付制度です

「特別一時金」とは・・

東日本大地震・津波で保護者が死亡・行方不明または著しい重度後遺障害を負った子ども0歳児から大学院生までを対象にした給付制度(返済不要)です。給付金額は一人につき一律200万円(2011年12月31日現在)となります

-------------------

その他あしなが育英会では・・貸与奨学金、心のケアプログラム等の開催などの支援活動を行っています
http://www.ashinaga.org/higashi_nihon/

僕たちはこの活動を支持し募金支援したいと考えました


少しでも多くの子供たちが、前を向き明るい未来を描けるよう

微力だとしても僕たちは支援を。

まずは身近にある「そこにある愛」と向き合い、身の回りから愛を繋げていく

それはいつか、大きな愛となり

微力だった力は大きな力となり伝わると思います

まずは手の届く場所から。


東日本大震災津波遺児の皆様に

愛に溢れた生活を

見失いそうになっている愛を

長期的に支えてくれる愛を


共に発信していきましょう!!


このイベントの参加、展示内容に関しましては

また改めてご案内させていただきます


年末年始のお忙しい中、読んで頂きありがとうございました


よいお年を


平成23年12月31日

非営利団体Clef  代表 福井悠翔
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。